販促基盤三大要素の中の一つの要素である
「ブランドコンセプト」
 
 
この「ブランドコンセプト」を明確にするにあたり、
強みと弱みを確認することは
とても大切です。
 

 
しかしながら、
 
■強み
■弱み
 
はなかなか自分ではわからないものです。
 
 
ですが、
 
 
周囲の方は
ご存じのはずです。
 
 
周囲の方とは、
お店のことを知る人全てです。
 
 
改めて聞くのは
なかなか難しいものですが、
 
「永遠に崩れない
 販促媒体構築のためにも
 聞くことは必要不可欠なんだ!」 
 
と強い意志をもって、
次のことを聞いてみてください。
 
 

│■お店の強みは
│ 何だと思いますか?
│ 
│■お店の弱みは
│ 何だと思いますか?
│ 
│■お店が選ばれる理由は
│ 何だと思いますか?
│ 
 
 
なぜそう思うのかも
しっかりと聞いてみましょう。
 
 
聞く人は一人ではなく、
最低10人に聞きましょう。
 
・来店されるお客様
・お店のことを知る友達
・お店のスタッフ
・友達
・業者さん
 
などなど。
 
 
皆さんの意見の中に、
 
「ブランドコンセプト」
 
の軸となるヒントが
隠されているはずです。
 
 
また今後どのように
販促をしていけばいいのかも
わかるはずです。
 
 
ぜひ行動してみてください。
 
 
[追伸]
 
この質問は、
セルフ(個人)ブランディングでも
十分に活用できます。
 

│■私の強みは
│ 何だと思いますか?
│ 
│■私の弱みは
│ 何だと思いますか?
│ 
│■私が選ばれる理由は
│ 何だと思いますか?
│ 
 
“置き換え思考”になって
ご活用ください。
 
 
 
最後に質問です。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
お店の強みと弱みを
認識されていますか?
 
お店の強みと弱みを
周囲に尋ねたことはありますか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~
 
“今日も一日、最高の販促を!”
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランド力・売上アップ直結の
“最適な販促媒体構築”へナビゲート
 
■Sales Promotion Coodinator
 KIBAN
 
http://kiban.info/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓↓↓【ラジオ】販促納得情報局 @ Youtube↓↓↓

↓↓↓【ラジオ】販促納得情報局↓↓↓