販促媒体として、
メイン媒体となるのが、
ホームページですが、
 
━━━━━━━━━━━━
ホームページ=教育媒体
━━━━━━━━━━━━
 
になっていますでしょうか?
 

 
例えば、求人を出し、
一人の新しいスタッフの採用が
決まったとします。
 
 
ここで質問です。
 

│そのスタッフの教育は、
│初出勤の日から始めますか?
│ 
│or
│ 
│そのスタッフの教育は、
│初出勤の日までに
│ある程度の教育をしますか?
│ 
 
理想的なのは、
後者に違いありません。
 
 
そのために必要なのは、
教育媒体です。
 
 
その教育媒体こそ、
ホームページです。
 
 
━━━━━━━━━━━━
ホームページ=教育媒体
━━━━━━━━━━━━
であるためには
何が必要でしょうか?
 
 
それは、「情報」です。
 
 
では、
どのような「情報」でしょうか?
 
==================================
■企業・お店の基本情報
■商品やサービスの情報
■商品やサービスの画像・イメージ
■歴史・経歴
■ブランドコンセプト
==================================
 
・・・です。
 
 
これらの「情報」が
ホームページに格納されていれば、
 
━━━━━━━━━━━━
ホームページ=教育媒体
━━━━━━━━━━━━
 
になります。
 
 
━━━━━━━━━━━━
ホームページ=教育媒体
━━━━━━━━━━━━
 
になっていれば、
採用が決まった一人のスタッフに、
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 初出勤の日まで、
 うちのホームページを観て、
 
==================================
■企業・お店の基本情報
■商品やサービスの情報
■商品やサービスの画像・イメージ
■歴史・経歴
■ブランドコンセプト
==================================
 
 を学んでおいてください。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
と言うことができます。
 
 
そうなれば、
ホームページによって、
教育のために使う、
 
■時間
■ストレス
 
が削減され、
コスト削減にもつながります。
 
 
━━━━━━━━━━━━
ホームページ=教育媒体
━━━━━━━━━━━━
 
との意識を持つことは、
とても重要です。
 
 
なぜならば、
 
 
その意識で作った
ホームページの効能は、
 
━━━━━━━━━━━━
ホームページ=教育媒体
━━━━━━━━━━━━
 
という役目だけに
留まらなくなるからです。
 
 
なので
 
「今のホームページは、
 教育媒体としても
 役立つだろうか?」
 
という目線で、
見つめてみてください。
 
 
今からホームページを
制作される方は、
せっかくコストをかけるのですから、
 
━━━━━━━━━━━━
ホームページ=教育媒体
━━━━━━━━━━━━
 
という意識で制作に取り組み、
ホームページ公開によって、
公開後の様々なコストの
削減につなげてください。
 
 
 
 
 
最後に質問です。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
今あるホームページは
 
━━━━
教育媒体
━━━━
 
として役立っていますか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランド力・売上アップ直結の
“最適な販促媒体構築”へナビゲート
 
■Sales Promotion Coodinator
 KIBAN
 
http://kiban.info/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━