当たり前のように
人通りが多かった
某商店街。
 
 
しかし、
 
 
近くに巨大なショッピングモールができ、
人通りが一気になくなりました。
 
 
商店街にあったほとんどのお店は
売上が激減して閉店。
 
 
そんな中、
全く影響しなかったスイーツ店が。
 

 
全く影響しなかった理由は
至ってシンプルでした。
 
 
店主曰く
 
「生き残れたのは
 (商店街に)依存してなかったからです」
 
 
取り組まれていたことも
至ってシンプルでした。
 
 
店主曰く
 
「顧客リストを作り、
 定期的にDMを送っていました」
 
「法人や組合などに
 営業をかけていました」
 
「ネット媒体を使って
 情報を発信していました」
 
 
・・・・・・・・・・・・・・
 
人通りが一気になくなった
商店街のお店の明暗を分けたのは、
 
■顧客関係構築
■営業
■情報発信
 
を、
 
していたか?
 
していなかったか?
 
 
このどちらかでした。
 
 
■顧客関係構築
■営業
■情報発信
 
この三つは、
販促媒体構築 黄金設計図の中の
大切な要素。
 
 
「今の状況は
 当たり前の状況ではない」
 
といい意味での
危機感を持ちながら、
 
■顧客関係構築
■営業
■情報発信
 
に取り組み、
何か起こった時にも
全く動じない、
 
━━━━
販促基盤
━━━━
 
を構築しておきたいものです。
 
 
 
最後に質問です。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
状況の変化があっても、
全く動じない
 
━━━━
販促基盤
━━━━
 
は整っていますか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~
 
“今日も一日、最高の販促を!”
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランド力・売上アップ直結の
“最適な販促媒体構築”へナビゲート
 
■Sales Promotion Coodinator
 KIBAN
 
http://kiban.info/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓↓↓【ラジオ】販促納得情報局 @ Youtube↓↓↓

↓↓↓【ラジオ】販促納得情報局↓↓↓