一日の売上が10,000円であろうと、
 
一日の売上が100,000円であろうと、
 
一日の売り上げが1億円であろうと、
 
 
それは、
 
━━━━━━━━
「一件の受注」
━━━━━━━━
 
の積み重ねの結果です。
 
 
販促にあたって、
マーケティング視点になることが
非常に重要ですが、
 
 
マーケティング視点は、
 
━━━━━━━━━━━
「一件の受注」の動線
━━━━━━━━━━━
 
に隠されています。
 
─────────────────
動線
=人が自然に動く時に通ると思われる
 経路を線であらわしたもの。
 
※店内、街中などにおいて人を導く
 経路として「導線」と表記される
 場合もありますが、これは本来は
 電線(電気伝導体)を指す言葉で
 あり、この意味でも動線が正確です。
───────────────── 
 
となると、
 
 
販促の仕組みを構築するにあたり、
 
━━━━━━━━
「一件の受注」
━━━━━━━━
 
にフォーカスすることが
とても大切になります。
 

 
 
さて、
 
 
次のような視点で、
一人のお客様の購入行動に
フォーカスしたことは
ありますでしょうか? 
 
 
+++++++++++++++++++++++++
 
購入されたお客様が、
購入した商品やサービスを、
 
■どのような露出によって、
 
■どのように認知され、
 
■どのように信頼され、
 
■どのように共感され、
 
■どのように満足に至ったのか?
 
+++++++++++++++++++++++++
 
この購入行動の動線に対し
意識をしてフォーカスすれば
売上を上げる方法が
必ず見つかります。
 
 
この動線は、
===============================
■年代
■性別
===============================
によって異なります。
 
 
もし理想とするお客様が、
===============================
■年代 20歳~34歳
■性別 女性
※マーケティング分野で言う
 「F1層」
===============================
 
ならば、
 
現在のお客様の中の
「F1層」の方へにヒアリングし
動線を確認するべきです。
 
 
そうして
一人の理想とするお客様の
動線を掌握できれば、
 
 
その動線は必ず
派生展開することができます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
販促は、
 
━━━━━━━━
「一件の受注」
━━━━━━━━
 
にフォーカスし、
それを元に動線を
再現することによって
組み立てることができます。
 
 
闇雲に売上を見るだけでなく、
先にも記した、
 
+++++++++++++++++++++++++
 
購入されたお客様が、
購入した商品やサービスを、
 
■どのような露出によって、
 
■どのように認知され、
 
■どのように信頼され、
 
■どのように共感され、
 
■どのように満足に至ったのか?
 
+++++++++++++++++++++++++
 
この購入行動の動線に対し
意識をしてフォーカスすれば
売上を上げる方法が
必ず見つかります。
 
 
その動線へのフォーカスが
複数になれば、
 
━━━━━━━━━━
様々な販促の「一手」
━━━━━━━━━━
を打つことができるようになり、
理想的な販促スタイルに
つながっていきます。
 
 
なのでぜひ一度、
 
━━━━━━━━
「一件の受注」
━━━━━━━━
 
にフォーカスしてください。
 
 
最後に質問です。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
「ここの商品が一番です!」
 
「ここのサービスが一番です!」
 
とおっしゃるお客様が
必ずいるはずです。
 
 
そのお客様の動線を
考えたことはありますか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランド力・売上アップ直結の
“最適な販促媒体構築”へナビゲート
 
■Sales Promotion Coodinator
 KIBAN
 
http://kiban.info/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━