実店舗,マーケティング,集客,販促,売上アップ,情報発信,ブログ,SNS,ホームページ,ネットショップ,ロードマップ,フロー,

SNS広告を利用して低コストで
実店舗商圏での露出を"最大限"にする
━━━━━━━━━━━━━━━
■実店舗の
マーケティングの学校

実店舗の商圏は半径5キロで、商圏内に8割の顧客がお住まいです。

これは「Googleマップ 顧客の見える化」サービスを利用してくださった実店舗様のデータから得た確信です。

ただし立地が駅近・過疎地である場合は商圏は大きくなります。

商圏を踏まえると利用するべきSNSは絞り込まれます。

そのことも踏まえて、SNS広告を選びの判断基準として持って欲しいのが次の3点です。
 
❶日々の情報発信に広告をかけれる
❷低コストなのに成果が大きい
❸エリアの絞り込みに強い

この3点の判断基準を満たしたSNS広告は次の3つです。

━━━ ━━━ ━━━ ━━━

3点の判断基準を満たしたSNS広告

❶LINE 投稿宣伝
─────────

情報発信ツールとしてオススメしているLINE VOOMには投稿を宣伝できる機能があり、投稿に宣伝をかけることができるので設定がとても簡単です。

宣伝する地域を簡単に絞り込むことができて、性別・年齢層も設定できるのでこちらが想定するターゲットを狙い撃ちできます。
最低10,000円の予算が必要ですがコスパはかなり高いです。

国内利用者が9,400万人(2022年4月現在)で年齢層が広いLINEでの宣伝はかなりの威力があります。

❷Facebook広告
─────────

Facebookの利用者に対して広告をかけることができるのがFacebook広告です。

Facebook広告もLINE VOOM同様に、投稿に宣伝をかけることができるので設定がとても簡単です。

宣伝する地域・性別・年齢層も絞り込めて、エリアについては円での指定もできるので「商圏○km」での設定もできます。

10km圏内での広告ならば5,000円もあれば十分です。

❸Instagram広告
─────────

Instagramの利用者に対して広告をかけることができるのがInstagram広告です。

Instagram広告もLINE VOOM・Facebook同様に、投稿に宣伝をかけることができるので設定がとても簡単です。

こちらも宣伝する地域を簡単に絞り込むことができて、性別・年齢層も設定できるのでこちらが想定するターゲットを狙い撃ちできます。

Facebook広告同様に10km圏内での広告ならば広告予算は5,000円もあれば十分です。

━━━ ━━━ ━━━ ━━━

以前は広告を利用しようとすると広告代理店などを利用する必要があり、広告コストも高かったので広告利用はかなり敷居が高いものでした。

今は広告代理店など使わなくても、簡単に広告を利用することができます。

コストも先ほど紹介したSNS広告ならば月額5,000円から10,000円で十分効果が出ます。

低コストで実店舗の商圏にMAXでアプローチできる最適なSNS広告を利用して、集客を“最大化”していきましょう!

Googleビジネスプロフィールから始める「実店舗の情報発信"集客マニュアル"」 980円

「実店舗の情報発信"集客マニュアル"」では「実店舗の情報発信“継続”型 マーケティング 10ステップロードマップ」の中の3ステップまでの流れを掲載。コストゼロで最短1日で準備が完了する取り組みの流れをわかりやすくお伝えしています。